クラシックバレエは、幅広い世代に親しまれています

今やバレエは誰もが触れることの出来るものとなりました。
単に美しいというだけでなく、人間の身体を使った最大の表現と技術を駆使して
美しい姿と強い精神力を涵養することが目的であります。
そして卓越した技術のみならず、バレエを通じて心身発達の助長、また明朗にして
健康な品位ある人格養成を行います。
幼児の情操教育としてはもちろん、憧れのダンサーを目指して、また一般の初心者の
美容のためであったりと、その動機は様々ですが、自分自身の成長を感じながら
充実感と更なる目標を得られることが出来ます。

当研究所では、年齢・経験を問わず多くの方にクラシックバレエの技法を習得して頂けます。
経験としてバレエと出会い“バレエ”に触れてみてはいかがですか。

 

島田輝記バレエ研究所の歴史

HISTORY

  • 1959

    島田國雄舞踊研究所として、徳島市内にバレエ教室を開き生徒の指導にあたる。

  • 1962

    当年より毎年発表会を開催

  • 1966

    島田輝記と改める

  • 1974

    現在の島田輝記バレエ研究所とし、指導にあたり、現在も活躍中の舞踏家を輩出する。

  • 2007

    島田輝記 文化庁地域 文化功労者表彰 第22回国民文化祭・とくしま2007 出演

  • 2009

    50周年記念公演「眠れる森の美女」上演

  • 2010

    島田輝記 徳島県文化賞受賞

  • 2014

    55周年記念公演
     「獅子の舞」上演 島田輝記最後の舞台
     「ドン・キホーテ」上演

これまでの主な作品

CONTEST

二つの花(1962)白鳥の湖第2幕(1964・1991)
びっくり箱・おもちゃ箱(1964・1971・1973・1985・2009)雪ン子物語(1965・1983・1970)
獅子の舞(1966・1970・1984・1994・2014)祖谷峡哀歌(1976)
レ・シルフィード(1969・1984・1995)源氏物語(1970)
くるみ割り人形全幕(1971・1976・2004)ピーターパン(1971)
コッペリア全幕(1977・1982・2000)つるの恩返し(1978)
青い鳥(1978)シンデレラ全幕(1980・1987・2008)
鹿の子曼茶羅(1980)パキーター(1984・1992・1996・2007)
舌切り雀(1984)卒業記念舞踏会(1989)
眠れる森の美女全幕(1991・1999・2009)黒の組曲(1998)
リーズの結婚(2002)ジゼル全幕(2002)
アラジン(2003)ドン・キホーテ(2014)

卒業生

GRADUATE

三木 雄馬

島田輝記バレエ研究所の卒業生三木雄馬

谷 桃子バレエ団

幼少期より、島田輝記バレエ研究所に入所し、クラシックバレエを始める。島田輝記、宗田静子、原田高博、夏山周久に師事。 2000年 特別推薦にてロシア国立ワガノワバレエアカデミーに入学。N・ドゥジンスカヤ、V・ツベトコフ、V・デスニンスキーに師事。ロシア国立サンクトペテルブルグアカデミーバレエ入団。最年少ファーストソリスト「くるみ割り人形」主演。クラバーバイスクリープカ初演等(2000-2002)
2002年  全日本バレエコンクール 第1位文部科学大臣奨励賞受賞。
2003年 文部省選奨励賞受賞。 「レディマクベス」主演マクベスとして全国ツアーに参加。
東京国立博物館グランドオープニング記念公演 出演。「草原の風 白い馬の伝説」白い馬役(映画同時上映)。TEPCO 世界劇「黄金の刻」にてダンスリーダーを務める等幅広く舞台に出演し、様々なトップアーティストと競演する。(2002-2007)
島田輝記バレエ研究所の卒業生三木雄馬

2008年 谷桃子バレエ団入団。 同団公演「ラ・バヤデール」黄金の仏像にてデビュー。
「眠れる森の美女」にて主演。
日本バレエ協会ヤングバレエフェスティバルにて「パキータ」の男性第一舞踊手を踊る。TBS SUPER DANCE PREMIAMに出演。同団創立60周年記念公演では「白鳥の湖」主演。
「令嬢ジュリー」では下男ジャンを好演、「ジゼル」にてアルブレヒトを「ドン・キホーテ」ではエスパーダ「リゼット」のコーラ、そして「レ・ミゼラブル」でジャベール警部を演じ、様々な誌面にて好評を記す。新春公演「ラ・バヤデール」にて主演ソロルを演じる。また、ブロードウェイミュージカル「回転木馬」ではカーニバルボーイを熱演。(2008-2011)

ロシア7都市で行われたガラ公演「Morihiro Iwataとスター達」に客演し、「日本バレエののスターカップル」と地元TV、誌面に評される。モスクワエストラード劇場にて行われた公演にも招かれ「日本の未来は明るい」と絶賛される。多種多様な舞台で活動しつつ、創作活動にも取り組んでおり、 ダイナミックな動きを持ち味に表現者としても注目されている。

教室について
2002年全日本バレエコンクール
第1位文部科学大臣奨励賞受賞
2003年文部省選奨励賞受賞
2011年度 舞踊批評家協会新人賞受賞
2012年度 第5回とくしま芸術文化奨励賞受賞

原 健太

島田輝記バレエ研究所の卒業生原健太

新国立劇場バレエ団
ワクイバレエ団


4歳よりバレエを始める。 島田輝記、涌井三枝子の各氏に師事。
2005年NBA全国バレエコンクール第4位-1。
なにわ芸術祭新人ダンサー賞、大阪府知事賞受賞。
こうべ全国洋舞コンクール第4位。
2006年 東京新聞全国舞踊コンクール第4位。
新国立劇場バレエ団合格。
現在、新国立劇場バレエ団員として活躍中。
島田輝記バレエ研究所の卒業生原健太

枡富 元穂

島田輝記バレエ研究所の卒業生枡富元穂

福谷葉子バレエスタジオ

3歳より島田輝記バレエ研究所にてバレエを始める。島田輝記、故高沼慶和、宮脇三重子らに師事。
2004年、イギリス、ノーザンバレエスクール入学。
Manchester City Ballet 公演「白鳥の湖」、「コッペリア」、 Jazzgaloreカンパニー公演「Fosse」「Dreamgirls」「Cabaret」「Grease」などでソリストを務める。
2007年、同校卒業後、COSTA Cruise Companyの契約ダンサーとなり、バレエやミュージカルの作品に出演。
島田輝記バレエ研究所の卒業生枡富元穂
現在、福谷葉子バレエスタジオ所属。
教室について
2010年 第11回 Osaka Prix
クラシックバレエコンクール入選
 第3回 ザ・バレコン大阪入選
ファイナリスト
2011年 第1回 Grand Final NAMUE
クラシックバレエコンクール第7位
 第20回 NAMUE
クラシックバレエコンクール第3位